読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑲

ほんの少しずつ回復してきたペス夫は、抵抗するようになった。

えさを食べさせようとすると、復活してきた後ろ足で思い切り蹴ってくる。

そして前足でも抵抗する。

首でも抵抗する。

抱きかかえた状態で口を開かせると、首を大きくそらしてめりめりと人のからだに突き進んでくる。

すごい力であばら骨に突っ込んでくるものだから、すごく痛い。

そのため、少しずつしか与えられないシリンダーでのえさやりに限界を感じ始めていた。

 

f:id:tobitrip:20150612135744j:plain

 

獣医さんにえさやりについて相談してみた。

先生が提案してくれたのは指につけてえさをあげる方法だった。

口を開かせるのは今と同じままで、上あごにペースト状のえさをぺったりと塗り付けるのだ。

すると猫は飲み込むしかなくなるらしい。

 

水についても質問してみた。

とにかく水を飲まなかったからだ。

こちらは点滴で水分を入れているので、足りないことはないとのことだった。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村