読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑥

前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

翌日、ところどころ毛を刈られ痛々しい姿になったペス夫を連れて、かかりつけの病院に行った。

救急病院は救急なので、そのまま診てもらうことはできないからだ。

低血糖で倒れ、生死の境をさまよったことを話した。

あの日注射を打った先生は、インスリンの量は間違えていないと言った。

 ボトルキープをしているから同じ種類のインスリンだと言った。

 

f:id:tobitrip:20150601024904j:plain

 

母は、インスリンを打ち続けるのがこわい、と先生に言った。

結果、しばらくのあいだ点滴に通うことになった。

 
 
 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村