読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑤

慢性膵炎の猫の介護

前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

原因は低血糖だった。

 

500以上あると言われた血糖値が、運び込まれたそのときには30しかなかった。

血糖値が急激に下がると、自律神経症状が強くあらわれるそうだ。

代表的なのが、発汗、不安、動悸、震え、など。

そして健康な人間でも35を下回ると意識レベルが低下し、取り乱したりろれつが回らなくなる。

さらに20を下回ると痙攣して意識を失い、昏睡状態に陥り、最悪死ぬこともあるそうだ。

(参考サイト:糖尿病の症状のひとつ、低血糖ついて取り上げています【糖尿コラム】

 

f:id:tobitrip:20150527101154j:plain

ペス夫は、あらゆるところを刈られていた。

首、手足、お腹。

酸素マスクをつけられ、酸素室の中でじっとしていた。

ペス夫がびしょびしょに濡れていたのは、冷や汗をかいていたからだった。

うんこやおしっこをもらしてしまったのは痙攣したからだった。

 

午前7時、落ち着いたペス夫をつれて家に帰った。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村