読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護③

慢性膵炎の猫の介護

 

ただならぬ雰囲気。それにペス夫のうんこの臭いがする。

彼のうんこはいつもとんでもなく臭いので、だいたいわかるのだ。

 「ペス夫、失敗しちゃったんかな」

そう思い、子供たちみんなが成人した今も現役の、二段ベッドから降りた。

 

下の段に、彼はいた。

お尻の近くにうんこが少し。

手足をピーンとさせて、目をかっぴらき、まるで剥製のように固まっていた。

瞬きをしないその目はどこにもつながっていない。

「ペス夫が、おらんくなった」と母は思ったという。

 

f:id:tobitrip:20150528105614j:plain

 

急いで彼のからだを抱き上げ、全身を使ってからだをこする。

彼のからだは冷や汗でびしょびしょに濡れていた。

「ペス夫! あかんで! 戻ってきて!!!」

全力で呼び戻す。

隣の部屋で寝ていた一番下の妹を起こし、二人で呼ぶ。

びしょびしょのからだをこすり続ける。

しばらくすると、パチッ と一瞬、まばたきをした。

 

見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村