さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護28

 前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

家に帰ってからもペス夫はおかしかった。

玄関先でキャリーケースを開けると、いつもなら一目散に飛び出て行くのに、顔すら出さない。

手を入れると掴まえて蹴ってくる。

まるでろう城してるかのようだった。

 

2階に連れて行き、カーペットの上に引きずり出す。

ペス夫はじっとしたまま、だけど明らかに威嚇した状態で呼吸を荒くしていた。

目を見開き、よだれをたらし、触ろうとするものには容赦なく引っ掻いた。

わたしの腕には、はじめてミミズ腫れができた。

いつもおとなしいペス夫が豹変したので、母はすごくショックを受けていた。

気がまぎれるかとその辺にあった猫のおもちゃを目の前に出すと、がぶっと噛み付いて離さなかった。

 

f:id:tobitrip:20150629145319j:plain

 

仕方が無いので洗面所の奥にある、今はもう使っていないシャワールームの奥にペス夫を入れた。

最近気に入ってよく入っている、ペス夫の隠れ家なのだ。

上からバスタオルをかけて、一人だけにさせてやる。

今はとにかく落ち着かせてあげたかった。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村