さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護25

 

tobitrip.hatenablog.com

 

ある朝、ペス夫の調子がおかしかった。

ごはんをあげてしばらくたったころだった。

にゃーにゃー言いながら徘徊をするのだ。

一所に留まれないみたいだった。

抱き上げてみると鳴きやむのだけど、今度は人の腕を蹴ってくる。

あまりにも狂ったように鳴いて徘徊するので、午後の予定だったけど早めに病院に連れて行くことにした。

 

病院でのペス夫はいつもと少し違うかった。

いつもはおとなしくじっとしているのだけど、うなってみたり、先生の指に爪を立ててみたりと気が高ぶっているのが見て取れた。

「こんな風なのは初めてですね。」と先生が言うくらいだった。

 

f:id:tobitrip:20150628203649j:plain

 

ここからは先生の憶測になるんだけど、ペス夫はどうやら膵臓が悪いらしい。

だからインスリンが作れなくって血糖値も上がってしまった。

今はインスリンを打たなくても血糖値は安定しているし、糖尿病ではなかったのかもしれない。

膵炎になるとおなかはとても痛くなる、吐き気もする。

だからごはんを食べたくなくなる、痛みを紛らわすために徘徊もする。

膵臓の数値をはかることはできるが、数値が高いからといってすごく危険かと言ったらそうでもない。

数値が下がっていても正常の範囲からはみ出ていれば、重傷だったりもするらしい。

そしてどんな風に悪いかを調べるには、膵臓の組織を採取しなければならない。

つまり、検査のために手術をしなければならないのだ。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村