読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護②

電話の内容はわたしの予想していたものとは違った。

ペス夫が死にかけたという内容だった。

 

糖尿病だとわかってから、ペス夫は病院でインスリンを打ってもらっていた。

あまり食べなかったごはんは、病気用の高カロリーの缶詰に変えた。

ペス夫はその缶詰をよく食べた。

先生は「慣れてきたら家でインスリンを打ちましょうね」と言っていたそうだ。

 

インスリンを打って3度目の夜。

その夜はペス夫の調子がおかしかった。

寝る前に話しかけた母に威嚇の態度を取り、触らせないようにした。

 

それから2時間後、眠っていた母はペス夫の威嚇する「ハーッ」という音で目覚めた。

 

 

f:id:tobitrip:20150527223301j:plain

 

 

見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村