さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑰

 

tobitrip.hatenablog.com

 

翌日は授乳期用のえさをあげてみた。

こちらもにおいが抑えめなので、人間的にはありがたい。

依然としてペス夫のよだれはだらだらで、前にも増して横になることが多かった。

 

この日、事件が起こった。

うちの母がキレたのだ。

その理由のひとつに、いつまでたってもペス夫がごはんを食べないことも含まれていた。

1日の通院代は1万円。

毎日の血液検査と脱水症状を起こさないための点滴、吐き気止めと抗生剤の注射。

もう5日も通ってる。

救急で運ばれたときの治療費5万と、前の病院の治療費をあわせると20万はこえる。

猫貯金があったからまかなえたものの、残り4匹も猫がいる我が家、出費は痛い。

「20万て! ハワイ行けるわ!」と母がぼやく。

 

f:id:tobitrip:20150611131540j:plain

 

「いい加減に食べろ!」という母にうなだれたままのペス夫。

しかしいつもと違う母の気迫に気づいたのか、いつもより多めに食べていたような気がしないでもない。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村