さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑮

 前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

そんな状態が2、3日続いた。

毎日病院で打ってもらう吐き気止めの効果で嘔吐は治まったが、よだれや食欲不振は変わらなかった。

 

嫌がるペス夫の口を開けて、水でゆるくしたえさを詰め込む。

飼い主のほうも慣れてきて、最初の頃よりはたくさん与えられるようにはなってきたけど、絶対的に量が足りていない。

ペス夫の体格だと1日で2缶摂取しなきゃいけない缶詰を、3日も5日もかけて1缶やるんだから当然だ。

 

f:id:tobitrip:20150610232056j:plain

 

病院でもらったえさは、ヒルズのa/d缶という缶詰だった。

処方食とされているくらいで、高タンパク、高脂肪の栄養価の高い缶詰だった。

このにおい、猫にとったらいいにおいなのかもしれないが、あまりにも魚くさいというか生臭いというか。

よだれまみれのペス夫は、あっという間にa/d缶のにおいになった。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村