読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑭

次の日から本格的な介護がはじまった。

 

朝7時にインスリンを打つ。

老眼が酷くなってきた母がメモリを見るので、誰かが付き添わないといけない。

午前中、誰かがごはんを食べさせる。

できれば一時間ごとに食べさせた方がいい。

脂肪肝にさせないために、今はとにかくたくさん食べさせなければならない。

昼12時前、インスリンが下がりすぎていないかチェックするため病院へ。

血液検査、点滴、吐き気止めと諸々の感染を防ぐための抗生物質の注射もする。

毎日の治療代は一万円をこえた。

午後も午後でとにかくごはんを食べさせる。

食べたくない、と抵抗する元気だけは残っているので、二人掛かりで与える。

一人が食べさせ、もう一人が手や足をおさえる。

 

f:id:tobitrip:20150606142742j:plain

 

でも、容態は悪くなるばかりだった。

胃液だけの嘔吐は続き、口からはずっとよだれを垂らしていた。

足腰は弱り、2、3歩歩いただけでうずくまっていた。

まるでおじいちゃんのようだった。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村