読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護⑪

前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

家に帰り、ごはんをあげてみた。

もらった高カロリーの缶詰は、前の病院でもらったものと同じだった。

与えきれずに冷凍していたものを解凍し、水でのばして人肌程度にあたため、シリンダーでペス夫の口まで運ぶ。

からだはふにゃふにゃなのに口だけはがっちりと閉じている。

犬歯と奥歯の間をつかみ、無理矢理こじ開ける。

開いた瞬間にシリンダーの先をねじ込み、ピストンをぐっと押す。

すごくすごく嫌がって口を何度も開け閉めしたり、首を背けるがしかたない。


「食べなあかんねんで」

「ペス夫、あーーーん」

「えらいえらい!」なんて言いながら口に運ぶ。

 

f:id:tobitrip:20150605151532j:plain

 

まったくと言っていいほど飲み込んでくれないので、別のシリンダーで水も与える。

犬歯と奥歯の間のゴムパッキンのようになっているところに、すこしだけ隙間がある。

そこに無理矢理シリンダーの先をつっこんで、またもやピストンをぐっと押す。

いきなりの水に目を白黒させるペス夫。

固く閉ざされた口から、溢れ出す水とえさ。

 

けっきょくこの日は、缶詰の10分の1もあげることができなかった。

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村