読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

慢性膵炎の猫の介護36(糖尿病の猫の介護)

慢性膵炎の猫の介護

ペス夫は普通だった。

いつもと変わらずえさを食べさせられ、うんこをチェックされる。

はしゃぐでもなく、じっとしている。

点滴をうけなくても普通だし、よだれもたれてない。

そして草を食べるようになった。

 

法事で家族全員忙しかったある日。

朝イチに食べさせてから、夜までえさをあげれない日があった。

なんとなくペス夫が「今日は食べさせてくれんのん?」って言ってる気がして、なんとなくカリカリを口元に持っていった。

ちっちゃな小袋に入っている、猫の食いつきがいちばんいいやつだ。

ふんふんとにおいを嗅ぐ間もそこそこに、ペス夫は食べた。

カリカリといい音をさせながら食べた。

全部食べた。

 

f:id:tobitrip:20150707004645j:plain

 

そのあといつものa/d缶も食べさせたけど、とにかく自分で食べたことが嬉しかった。

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村