読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

肉体の門(1988)

戦争って悲惨だよね。そして戦争のその後も悲惨。

悲劇しか生まないと思うんだけど、どうしてみんな戦争をしたがるのか。

領地とか、お金とか、そんなにそんなに必要なものなの?

それで自分の家族とか、友達とか、死んだら悲しくならないの?

夢を叶えるために犠牲ってほんとに必要なの?

 

なんてことを(少し)考えさせられた2時間でした。

 

肉体の門 [DVD]

肉体の門 [DVD]

 

 

少し前の記事でも書いた、Amazonプライム・ビデオ

無料であったので見てみたんですが、予想以上に面白かった!

 

きっとこの映画を見るほとんどの人が、かたせ梨乃のおっぱいが目的で見ているんだろうけど、美しかった。

そのときのかたせ梨乃は、女学生のようなかっこうで、何とも言えず寂しそうで美しいのだ。

 

あとは廃墟の中を駆け巡る、パンパンをやっている女の子たちの姿。

原色の、フレアスカートにだぼっとしたカーディガン。

くつろいだり、ごはんを食べるとき、上半身は下着かなんかなんだろう。

ふわっとしたキャミソールからのぞく、白い肌が無防備できれい。

 

焼けた東京。

そこでなんとかして生きる人たちだけが、鮮やかだった。

性って、滑稽で悲しくって、美しいんだよな。 

 

 

コテコテの演技とか、エロいのとか痛いのとか、好きな人はハマるはず。

笑えるシーンもあるし、エンターテイメント。

個人的には好き。

 

パンパンって、インドネシア語が語源なんだって。知らなかったー

 

 

 

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」