さすらいのとびー!

ノマド/沖縄在住/ミニマリスト/最貧困女子/自己啓発系女子=楽しい!!!!

糖尿病の猫の介護21

前回のおはなし

tobitrip.hatenablog.com

 

それからペス夫の餌やりは比較的楽になった。

シリンダーであげていたときよりも、いっぺんにたくさん食べさせることができたからだ。

 

食べさせることができると、まず肝リピドーシス(脂肪肝)から逃げることができる。

猫を一気に死におとしめてしまう恐ろしい病気から逃れられるのには、ホッとした。

そしてどれだけ本人が嫌でも、栄養がからだに入っていくと元気になっていく。

毛皮の色つやがよくなり、よだれも出なくなっていった。

ふらふらだった四肢もしっかりとしていった。

 

f:id:tobitrip:20150623131914j:plain

 

だけど自分ではまだまだえさを食べない。

前より嫌がることはなくなったし、カリカリを3粒ほど食べるところを目撃はしたけれど、ほんとにたったの3粒だ。

水も自分からは飲まない。

わたしが家を出て行くまであと少ししかない。

自分でごはんを食べてくれ!

 

 

いつも見ていただいて、ありがとうございます!

はげみになりますので、ぜひポチッとにほんブログ村 猫ブログ デブ猫へお願いします!

にほんブログ村